初心者が安心できるダイビングスクールの条件や特徴とは

ダイビングスクールを選ぶと一口にいっても、ダイビングを通じて何を体験したいのか、目的によっても選び方は変わってきます。また同じ初心者でも全く泳ぐことができないのかそうでないのかによって実際体験するときの不安度が違いますので、初心者の場合、自分のレベルに合っているダイビングスクールを選ぶのが一番安心です。一般的にダイビングスクールといえばショップが経営している場合が多いので、気軽に何度も足を運んでダイビングに関する話を聞くことができます。そのはか多くのダイバーたちが訪れる海辺の近辺にある場合もあります。旅行に行った際に体験するという方も多いようですが、初めてで不安を覚えるという方は、完全な初心者向けで少人数制の完全貸切制を採用しているダイビングスクールがおすすめです。

ダイビングスクールが初めての方に最適なスクールの見つけ方

ダイビングスクール、もしくはダイビングショップといっても、大きく分けて自宅近くなどにある都市型スクールと、海の近くなどのある現地サービス型があります。現地サービス型は、伊豆や沖縄などダイビングのツアーや講習を海の近くで行っているショップです。そのためお客様はメンバーというより、予約などで来たダイバーを受け入れるといったスタイルが特徴です。一方いわゆる街中に存在するのが、都市型スクールです。講習や遊びを主体としたダイビングツアーなどを企画したりして、海へ行くというスタイルです。仕事帰りや休日などダイビングに関する話をしにメンバーが集まったりする場所でもあります。選ぶポイントとしては、自分に合っているスクールということになるのですが、まずは、自分が通いやすいスクールが良いでしょう。

初心者の場合でも安心できるダイビングスクールの条件や特徴とは

優秀なダイビングスクール、ショップの目安と言えるのが、標準ダイビング事業者という認定制度です。標準ダイビング事業者は、利用する人が安全にダイビングを楽しめる場を提供できる事業者を、客観的に評価して認定する制度です。標準ダイビング事業者に認定されていると、一定基準を超えたサービスを行っているという証明にもなります。優良スクールショップを選ぶなら、標準ダイビング事業者から選ぶのもいいでしょう。ダイビングスクール、ショップの候補がいくつか定まったら一度足を運んでみて、丁寧にこちらの話を聞いてくれるか、親切な対応をしてくれるかどうかを確かめましょう。それだけでなく、スクール、ショップの雰囲気を漠然と見てみましょう。女性一人で行く場合、男性ばかりだと通いづらいものです。また、同世代のメンバーが多いほうが安心感もあり仲間が増えて楽しいということもあると思います。